ファイテンの純金入りのお水

今日明日(11/9・10)
田辺市城山台にて
太陽光発電 野立て 完成見学会を開催中です。

ですが、私・たにもとは
エコトップ・紀南エコセンターでお留守番です。

土日は矢張りショールームに来客がありますから。
今日もファイテン商品のお買い上げがありました。

いつも来てくれるそのファイテン顧客様は、
商品の中でいろいろなものを買っていかれますが
特に頻度が多いものは純金入りのお水です。


20131109
左から①②③とします。

①アクアミルムG 2L        ¥504
②純金ピンクのおいしい水 500ml ¥315
③アクアミルムGミリオン 500ml ¥840

③!! びっくりしませんか!!
初めて見た時、私はびっくりしました!!

金が水に溶けると赤いそうですよ。
③は濃度がそれだけ濃いのですね。
(だから高いのですよね)

①はまあ・・・・
コンビニでちょっと良い水を
2L分(500ml×4)買えば
それくらいの値段にはなるよね、みたいな。

さて、私が主に飲んでいるのは②です。
職場の私の机には毎日置いてあります。

③は給料日あとの数日間、
もしくは体調が芳しくない時など。

①はコーヒーを淹れる時に使います。
(もちろんそのままでもおいしく頂けます)

私はどんな季節でもホットコーヒーを飲みます。
体を冷やしたくないからです。
でもさすがに夏の暑い盛りに
熱いままでは飲めませんので、少し冷めてから飲みます。

水道水で淹れたコーヒーは冷めると
どろりとした苦味が増すのですが
このファイテンの水で淹れたコーヒーは
冷めても苦味が気になることなく美味しく頂けます。

※あくまで個人の感想です※



カラクリがわかっている私だから感じるのかも、と
ある朝、工事部の皆に①を使ってコーヒーを淹れてみました。

普段からなにかと『違いがわかる男』だと評判の工事責任者が

『あれ? なんか違う。豆、良いヤツに変えました?』

おお・・・・!!
豆じゃないんです、水なんです。
でも美味しいと感じたのですね。



すごいなあ、ファイテンの水、と私は思ったのですが
これはもはやそういう問題ではなく、
その『違いのわかりっぷり』といいますか、
すごい舌の持ち主だ、という評価になってしまうのでは・・・・?