ミニ家族の夕方散歩(私の休日)

昨夜は赤い大きな満月で、仕事帰りに自転車(名前:黒王号)を駆っている時からもう既にわくわくはしていたのです。

自宅であるアパートの一室には、自分で選んで凝った照明器具を付けているくせに点けることがまずないのです。
(和室と洋室はまず点けません。キッチンは帰宅して数分は点けます。米洗ったりするし)
携帯&PC&月(&時々キャンドル)の光だけで暮らしています、たにもとです。
皆さまこんにちわ。

昨夜のような満月の夜、床に落ちる月の光に見惚れています。
自分で調整できない光源の美しさに。
ずうっと床を見過ぎて、時間が過ぎていて、え??ってなります。

割りと昔からじっと自然を見ます。
なので、神奈川で専用庭があったアパートはかなり気に入ってました。

それにね・・・・
神奈川は和歌山のように虫が多かったり大きかったりしないのですよ・・・・

蚊にだって咬まれなかった。
だって他に若い子たくさんいるもの。神奈川には。
わざわざアラフォーの血吸わなくてもいいもの。神奈川では。蚊も。
長年接することがなかったため、ここ田辺に戻ってきてドン引きしました。蚊に。



今朝、事務所でまるまる太ったゴキブリと、手のひらサイズの蜘蛛を見たため、かなりナーバスになっています、ええ。





ずうっと映像が目の前にあるような感覚がしていまして。
田辺に戻ってきてからずっと。とある場所の石段の風景。
目の前の実際の景色に被って、映像が二重写しになって。



先日の休みに、父が迎えにいくから買い物に付き合えと電話を寄越したので、
声は軽やかに、内心は予定狂うじゃねーかよ!と思いながらも外出しました。
当然のように実家に寄ったので、ハハも趣味で始めた畑仕事から戻ってきてコーヒーブレイク。
その際に、その話をしました。

それは高山寺や、とハハが言いました。

それを聞いた瞬間、尻尾ぴーーーーーん!ってなったような感覚でした(私が猫だったなら)
ああ、そう高山寺。そんな名前だった。
小中学校では写生で何度も訪れ、高校生になってからは肝試しをした覚えがある。

『そんな何回も思い出すってことはなんかあんのや!気になる!今から行かんか!』

とハハが言い、え、今から?もう夕方だけど、と思いながらも出掛ける両親と私。
私は前もって決めて決めて決め抜いたことでしか動こうとしないので、
ハハのこういう思い立ったが吉日、みたいな行動力に素直に感心します。


140611_172701



抜け殻を持って逃げるカニ。
笑っているみたいに見える半円。






140611_173155



私は昔からこういった池とか湖とか川とかにかかる、木造の橋がものすごく好き。

奈良の浮見堂とか真実震える。






140611_173534



これ・・・・お百度参りを数えるための木の短冊。
漢数字が打ってあります。
なんかぞっとしませんか。







両親もなかなか来る機会なく何十年と経っていますので、懐かしがっていました。
私も、懐かし過ぎて、思い出の洪水に、左脳がすこし痛む程でした。

たくさん石段を登ってきたわけですが、ここには貝塚があったことを示す石碑が建てられています。
つまりは大昔、ここまで海だったということ。

またここまで海の位置があがってきたら・・・・田辺は殆どが水に沈むのではなかろうか、と思います。

※今、標高調べたら私の家は大丈夫でした。だって山だもの。高台なのに、実家は水没しますね※

南方熊楠のお墓あっちにあるで、とハハが言いましたが、
いや、寄らなくていいよ、夕方だし、墓地には、と私は答えて行きませんでした。



だってものすごく蚊にドン引きしていたのです、私。
両親より私のほうが明らかに狙われていました、よ。



ハハの行動力のおかげで良い散歩ができた、休日のたにもとでした。
ではまた土曜日に。