勝手に写真でひとこと(私の休日)

日本では一部地域、3月3日ではなく、4月3日が桃の節句です!な土地が何箇所かあります。

和歌山、てか、我が実家でもそうなのですよね。
今確かに桃咲いてるのでそれでいいのでしょう。

で、3月3日前にひな人形を出して
4月3日以降に仕舞う、ってのが暗黙のルールです。



そんなわけで先日実家に赴き、ひな人形を仕舞って、カブトを飾り付けしてきました、たにもとです。
皆さまこんにちわ。
すべては隣に住む2歳男児のため。

(親戚でもなんでもなく他人です)
(あ、来月3歳になるそうです)



140408_172010
140408_172044
140408_171939
その2歳男児と私は滅多と会う機会はないのですが

(私は会社の近くにひとり暮らしのため)

両親からいつも話は聞いています。
楽しそうだなあ、良いことだ、ちいさい子供の力は偉大だなあ、と思いながら。



4年程前に、私とハハが散歩していたところ

(弁慶市に行くところだったように思います)

ハハが急に、運動会で賑わっている、とある小学校に入っていき、小学生たちが走っているのをずっと眺めているので、暫く付き合ってからなにげなく

『誰か知ってる子がいるの?』

と問うた私に、

『私も弁当持って孫の応援してておかしない歳やのになあ』

などという手の込んだ、まわりくどい、絶句するような嫌がらせをされていた程ですので。



いや、ほんと、心の底から申し訳ない、と思う反面
結婚したい、と到底思えないような家庭環境で育ったからだよ、私たち姉弟3人は、と内心思っています(現在進行形)

ですから余計にライナー(『進撃の巨人』)の
『結婚したい・・・・!』
『結婚しよ』
のメイゲンは清々しいですね。
そうか、彼はあんなゴリラ、もとい、ゴツイのに10代ですからね。
若さって純真で美しいなあ、といつも思います。





さて、今回のカブト飾り付けの日は
いつもより早い時間に風呂に入ったとかで、その2歳男児は遊びに来なかったのですけど。
写真撮ったら送ってね、とハハに頼んでおきました。
翌日ハハからメール。
早いな、おい。


140410_115401



なにこのポージング。



『聖闘士☆矢』でありがちな、あの感じ。

充てるセリフとしては『世界を統べる』を枕詞にご自由にどうぞ、みたいな。



自分でもなにやってんだ?と思うのが・・・・

まだ数回しか会ったことのない、この子の写真が、私の携帯の待ち受け画像なのですよね。
ひな人形の時から。
別に愛してやまないわけでもないのに。

すごいなあ、ちいさい子供の力って。



先日の『HEY!HEY!』で松ちゃんと福山雅治のトーク、
自分が老いたからこそ思う、若さに対して感じる尊さや眩しさやハラハラ心配な感じ、ものすごく同感しました。

私はまだ50歳ではないんですけどね、たにもと(38)でした。
それではまた土曜日に。