戸籍にまつわるエトセトラ(名前の話)

手相を見てもらうと、

24、25歳で結婚している

といつも言われます、たにもと(38)です。





してないんですけど。





一度も。今まで。バツなし。コブなし。
それでも毎回言われますね。
手相を見る限り、既婚だと。

え、誰か私の戸籍勝手に触ってたりします?

(自分の戸籍見たことがないのです)





20代の頃、業界1位2位を競っていた、とある有名大企業に勤務していたのですが。
ある日、総務のお姉ちゃん(今でも仲良くしてもらっている姉妹の姉のほう)に呼ばれました。

(※この姉妹とは『スラムダンク』の件でも因縁があるのですが。それはまた別の話)



『○○ちゃん(私)、戸籍と名前違うねん』

『え?』

『名前な、書いてくれてる書類と戸籍と、字違うねん』

『え?』

『戸籍、平仮名やねん』

『え?』



20代後半でそんなことを知りました。
そういえば、ハハからもらう手紙などには、私の名前、平仮名で書かれていた・・・・ような。

いやいやいやいや、言おうよ。そこは。
普段は漢字で書いてもいいけどね、正しくは平仮名だよ、とかさー!





でも、私、今までずうっと漢字で名前書いてきてたよ?
指摘されたの20代後半になって初めてだよ?
お姉ちゃんよく気付いたよね!?
すごいなあ、やり手だなあ、とますます尊敬しました。

その後、そのお姉ちゃんは産休に入り、しっかり者のお姉ちゃんに比べて、後任の女の子は結構なあほの子でした。

(念のために言っておくと後任の子は妹ではないですよ。妹は現場勤務でしたので)

ある日、新しい保険証できたので、と総務で受け取って、自分の部署に戻りながら見ると、





性別・男





になってました。
その場でUターンして総務に引き返しました。
だって男ではないですからね、私。



生涯一度も体験しないでいいような出来事が、結構な頻度で我が身に起こるような気がしています、たにもとでした。
また土曜日に。