私のハハは神の手レベル(手芸の話)

8/9(土)

【カチンコの画像】宇宙兄弟#0

私の携帯のスケジュール帳に、
随分前から(おそらく知った3月から)
入力されていたのですよね。

そりゃあもう楽しみにしていたわけです。
『宇宙兄弟』の映画を。

私の休みは平日とはいえ、夏休み中だから平日でも人いっぱいかもなー!
休み前日にレイトショーで行くのはどうだろう?
それなら昼間より人も少ないかも?
見終わったらその余韻を胸に夜の街へと繰り出そう!

・・・・とかね、ものすごくわくわくしていたわけですよ。

それが・・・・
田辺では上映しないと知った時の、このショック。
膝から崩れ落ちるかと思いましたよ。ええ。

この夏の喜びを失いました、たにもとです。
皆さまこんにちわ。





ある日、実家に顔を出した時に、ハハにこれを見せられました。
もう要らんか、要らんかったら捨てるか、と。


140408_174933


こ、これは・・・・!
正確に言えば、映像として覚えてはないのですよ。
ただ、これを知っている、と体が反応する、といいますか。

『うおおおおお!! 懐かしい!!』

ハハが言うには、小学生にあがった私は体がちいさく(まあ今もちいさいですが)
ランドセルを背負うと後ろ向いてひっくり返りそうになっていたそうです(残念ながら運動神経も劣悪)
そこでハハは、もうすこし大きくなるまで、とこれを作ったそうです。





きれいだろ
嘘みたいだろ
手刺繍なんだぜ
これ





『担任の先生から電話きてなあ、○○ちゃん(私)学校でいじめられてます、みんなと違うことしとるって特に男子にいじめられていますのでランドセル買ってあげて下さい、って言われてん』

うわあ・・・・

『そう? でも私いじめられた、っていう記憶はないなあ』

※本当のことを言うと、私は10代の頃の記憶が殆どなかったりします。人から教えられて補っています。

そして私は気になったことを訊きました。

『それでいじめられて私どうしてたの?』

『これおかあちゃん作ってくれたやつや! 馬鹿にすんな!って言い返してたらしい』

ああ、よかった、と思いましたね。
よくやった、6歳の私(自画自賛)(手前味噌)
おかあちゃんのせいで学校でいじめられた、などと母親に言うような子供でなくてよかった、と。
心の底から思いましたね。

うちのハハは物が捨てられない性質で、実家は物だらけなのです。
片付かないわけです。
1年、多くみて2年触らなかったものは使わないもの、使わないものは捨てなよ、と私はことあるごとにハハに言っていましたが・・・・


140408_174952


裏面には私のフルネーム入ってるし、
ものすごくちいさいし、
絶対二度と使わないものなのですよ、これは!!
写メ撮った! 記念に残した! よし・・・・!
と思うのですけど・・・・なんか捨てられなくて。

『使わないんだけど・・・・やっぱ置いておこうかな』

と言うと、ハハはそうか、とだけ言って2階に片付けに行きました。



後日、写メを見せて同級生にこの件を話すと、正常だよ、と言われました。
これは捨てられないものでいいよ! とのこと。
なんだか安堵しました。

そんなわけでうちのハハは手芸だけは神の手レベルなのです。
※料理は・・・・まあそれは別の話ということで・・・・

そんな低身長・たにもとでした。
皆さまごきげんよう。