装備されている特性の違い(私とかわいいあの子の話)

おマヌケ営業マン(54)が、缶コーヒーをそのへんに置いたままにします。
飲み終わった缶を片付けないのです。
ここで私が片付けても良いのですが。
いつ自分で気付くんだろう、とふと思ったのですよね。
だから試してみたのですよね。

が。

毎日毎日、缶が増えていきます。
ショールームの受付PCの横に。
事務所の鏡の前に。
事務所のデスクの上に。
事務所のPCの横に。
新聞を置く机に。



セーブポイント並みに。



しかし、彼は。

一軒一軒おうちをまわり、胡散臭げな目をして冷たい対応をする奥様たちにめげることなく、トークでその製品に興味を持ってもらい、期待して購入してもらうところまで持っていく、そんな力を確かに持っているのです。
私なら心折れそうな、そんな業務を毎日しているわけです。
根っからの営業マンなのだろう。
それ以外の行動が粗野でも雑でも、マヌケでも、意味不明でも、営業マンとしての力は本物なのだ。
それは彼の特性なのだ

・・・・と、こうして私は『散らかすんじゃねーーーーー!!』とキレたい心理をなだめるわけです(遠い目)
そう、私は今悟りへの境地にまた一歩近づけた気がしています、たにもとです。
人生は日々試行錯誤。





ある日、頭を使わない業務が山のようにあった日

(つまりは手を動かしながら、会話ができるということです)

なにかのはずみで、私の愛する青森娘の話になりました。
それを聞いていた工事部社員(31)は『めっちゃレズじゃないですか』と言っていました。

『ふふふ、そう思うでしょ?私も自分で、大丈夫?私?レズじゃね?と思ったんですけどね。違ったんですよ!芸人コンビ愛見てたら、ああ!自分はこれだ!って分かったんです!私と彼女はトータルテンボスのコンビ愛と同じ感じなんですよ!』

『たにもとさん、芸人ちゃうし』

『昔その子がね、ローソンのカウンターに置いてあったチロルチョコの箱にカバンぶつかったんか、そのチロルチョコ床にぶちまけてしまったんですよ。で、ふたりで拾ってたら店員がいいですよーって寄ってきて、いえいえ拾います、いいですよ、とかやりとりしてて、じゃあその子がね!

 じゃあ1個買います

 って1個持って言ったんですよ!その言い方も仕草も、もーーーーー本当にかわいくて!もう本当なにしててもかわいいんですよ!』

彼女、私と違い過ぎて、なにをしても思い出すのです。
きっと私とは違うことをするだろうな、と。彼女なら。

『へえー』

その後もひたすら話し続けていたのですが。

『私、A子の話してたら満ち足りた幸せな気分になって、元気出てきました。ありがとうございます。A子の話聞いてくれて』

私が礼を述べると

『いえいえ、全然いいですよ』

と彼が言うので、ありがたいなーと思っていると。




『僕、ドン引きしてるんで』




だから礼なんぞ言うな、と。
あ、要るのは謝罪でしたか。



昔から『話せば話す程、株を落とす女』と言われています、たにもとでした。
それでは皆さま、ごきげんよう!





先週は『エコトップ20周年ありがとうフェスタ』にご来場誠にありがとうございました!!
立ち仕事はこの老体にはキツかったです。





エコトップ・紀南エコセンター
和歌山県田辺市上万呂146-6
0739-26-5585
0120-857-904
水曜定休日