計算してみた…

まいどおおきに! 角井でございます。


ちまたでは、桃太郎金太郎など、おとぎ話の主人公が登場する某携帯電話のCMが放送されているが、

計算してみて分かった。

おとぎ話史上最強は、打ち出の小槌で人間大になった一寸法師!!である。

桃太郎は普通の大きさの男が犬やキジ、サルの力を借りてをやっつけ、

金太郎は熊を投げ飛ばしたとはいえ、山梨県か静岡県の話なので

せいぜい200kgくらいの月の輪熊だろう…。


で、一寸法師はというと、出身はなんと大阪で、

子供がなかった老夫婦が住吉神社の神様から授かったという。


と、いう事は!!


一寸法師がお椀の船で京の都へ向かった川は淀川で、

しかも川の流れに逆らって京の都にたどり着いた事になる…。



と、いう事は!!



計算してみた。

大阪から京都まで約50km

仮に一寸法師が飲まず食わずで丸一日かかってこの距離をお椀の船で進んだとする。

そうすると、時速約2kmで川の流れに逆らって進まなければならず、

川の流れを人の歩くくらいの速度4kmとすると、

一寸法師は時速約6kmでお椀の船を漕いだ事になる。



と、いう事は!!


さらに計算してみた。

一寸法師の身長はその名の通り一寸(約3cm)

体格のいい男性の身長を180cmとすると、その60分の1…。


お椀の直径は約10cm。一寸法師の約3.3倍


櫂に使用している箸が子供用だとしても約15cm。一寸法師の約5倍



と、いう事は!!


身長180cmの一寸法師が、お椀の船を漕ぐとどうなるのか?????!!!!!!


180cmの一寸法師は、
直径5.4mのお椀の船9mの大木の櫂で時速360kmで漕げる事になる!!!!!



太平洋渡って、おおかた一日でアメリカまで行きよるな… 


さらに!!


ジャンプして鬼の口に飛び込んだ一寸法師、

仮に鬼の身長を3mとすると、180cmの一寸法師は約180mのジャンプ力!!

あべのハルカスは無理やけど、通天閣は楽に飛び越えるよな… 



恐るべし!!一寸法師!!!!!!



20160620111322-0001



 
20160620111306-0001

ところで

電気を作るには原子力、石油、石炭、天然ガスに、

水力、地熱とか有るけど、全世界で消費される電力エネルギーと比べて、


地球に降り注ぐ太陽エネルギーとでは、どちらが大きいかご存知でしょうか?


たいていの方は、太陽のエネルギーの方が大きいだろう事にはお気付きでしょう。


そう!その通りです!!


では、どれくらい太陽のエネルギーの方が大きいでしょうか?

計算してみなくても、だれか賢い人が計算してくれてた。

なんと!!約2万倍!!!!!!


3cmと180cmの差どころではおまへんなぁ〜 

電気を作るために、原子力や石油や石炭は、ほんまに要るんやろか…?


毎年6月は、和歌山県の環境月間です。
素晴らしい和歌山の大自然がいつまでも続きますように
image16
日の岬