和歌山県平成27年度住宅用太陽光発電設備導入補助金について

太陽光発電補助金


和歌山県では条件などを満たせば太陽光発電の導入に補助金を受け取ることができます。
対象者 対象となる条件は下記のとおりです。

気になる点ご不明点はお気軽にエコトップまでお問い合わせください。

対象者

補助金の交付対象は、次のいずれかに該当する方とします。ただし、下記住宅は、一戸建て専用・併用住宅とし、別荘など一時的に使用するものは除くものとします。

(1)県内において自らが居住する住宅(新築する住宅を含む)に自らの所有に係る住宅用太陽光発電設備を設置しようとする個人又は自らの所有に係る住宅用太陽光発電設備と別表の設備を併せて設置しようとする個人

(2)県内において自らの居住の用に供するため、住宅用太陽光発電設備を設置した新築住宅又は住宅用太陽光発電設備と別表の設備を併せて設置した新築住宅を購入しようとする個人

主な条件

(1)平成27年3月1日から平成28年2月末までに電気事業者と太陽光発電設備の設置を伴った電力受給契約を新たに開始すること。

(2)住宅用太陽光発電設備は、低圧配電線と逆潮流有りで連系し、かつ、太陽電池の最大出力(当該設備を構成する太陽電池モジュールの公称最大出力の合計)又はパワーコンディショナの定格出力のいずれか低いほうの値が10kW未満のものとする。

(3)設置する太陽電池、別表の設備は、交付対象者による設置前において未使用であること。

(4)太陽光発電設備に係る契約を県内事業者と締結し、又は施工を県内事業者に発注すること。

(5)共有名義又はこの補助金の申請者名義でない住宅に太陽光発電設備を設置する場合は、所有者全員から承諾を得ていること。

(6)過去にこの補助金の交付を受けたことがないこと。

(7)住宅用太陽光発電設備と別表の設備を併せて導入し、補助金の申請をしようとする者にあっては、平成27年3月1日から平成28年2月末までに別表の設備の設置を完了すること。

(8) 住宅用太陽光発電設備と別表の自然冷媒ヒートポンプ給湯器(通称:エコキュート)を併せて導入し、補助金の申込をしようとする者にあっては、一般社団法人日本冷凍空調工業会の「騒音等防止を考えた家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブック」(平成24年2月改訂版)を遵守して設置し、又は設置していること。



出力(太陽電池モジュール公称最大出力の合計値又はパワーコンディショナ定格出力のいずれか低い方の数値)で計算します。
ただし、算出された額に1,000円未満の端数が生じた場合には、これを切り捨てるものとします。

 【住宅に太陽光発電設備のみを設置する場合】
既築住宅     25,000円/kW (上限:100,000円)
 新築住宅その他 15,000円/kW (上限:60,000円)

【住宅に太陽光発電設備と別表の設備を併せて設置する場合】
 既築住宅     35,000円/kW  (上限:140,000円)
新築住宅その他 25,000円/kW (上限:100,000円)

全体予算は、29,600千円です。
平成27年4月1日(水)~平成27年10月30日(金) (消印有効)
※和歌山県 環境生活部 環境政策局 環境生活総務課ホームページより引用
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/032000/solar/27.html

その他注意点やQ&Aは 和歌山県 環境生活部 環境政策局 環境生活総務課ホームページ よりご覧いただくことが可能です。