太陽光発電導入前に自宅の屋根のことを知りましょう

太陽光発電を設置する場合 事前に自宅の屋根の種類や傾斜などをチェックしておきましょう。

見積りをとったり販売店へ相談する際に役立ちます。

屋根の形状

屋根の形状
まずは自宅の屋根の種類をチェックしておきましょう。
屋根には大きくわけると6つほどの種類がありそれぞれに名称がついています。

販売店に相談や見積りをする際 必ず確認される項目ですので自宅の屋根がどれにあてはまるのかを確認しておきましょう。

屋根の向き

太陽光発電屋根の向き
効率よく発電するために太陽光発電を設置する方向で最適なのは真南といわれています。
反対に北向きの屋根の場合は設置に適しません。
設置予定箇所の屋根の向きも確認しておきましょう。

太陽光パネルの設置面が影になってしまうと出力が低下してしまうため時間帯によって木や近くの建物の影ができないか。等もチェックしておくとよいでしょう。


屋根の傾斜

太陽光発電の出力が最も発揮されるのは屋根の傾斜30度です。

なかなか自分で調べることは難しいですが傾斜によって太陽光発電の出力がどう変わってくるかは確認しておきましょう。